クレジットカードをお金に換金する計画を立てましょう!

高い還元率というものは魅力的なだけじゃダメか

クレジットカードの現金化をしたい時、還元率をしっかり考えなければいけません。
専門の業者でキャッシュバック付き商品を購入するのなら、とても手っ取り早い方法であることは間違いありません。
そこで、還元率を考え、いったいいくらになるのかということを調べます。
必要な現金にできないのなら、そもそも現金化を依頼する意味がなくなってしまうからです。

速度的にはキャッシュバック付き商品の購入が結構速いため、利用価値が高いことは確かでしょう。
換金率を見てみると、80%前後が平均となります。
10万円の商品を購入し、8万円前後ですから、1%でも高くしたいと思うことが重要です。
ですが、問題は高いほうがいいのかといえば、そうでもないということでしょう。

現金化のサイトを探すと、95%以上の還元率になっているところがあります。
よく見れば、隣に小さな文字最大でと書かれていることがほとんどです。
つまり、初回の取引では、そんな還元率は使わせませんと宣言しています。
ところが、そういったことも書かずに97%を提示してあることもあるのです。
確かに、高還元率ですから、損失を最小限にすることができます。
利用する側から考えて、とても大きなメリットとなることは間違いありません。
しかし、そんな甘いことが起きるわけではなく、理論的に実現することができないことを理解するべきでしょう。

クレジットカードの現金化をする場合、業者はクレジットカード会社と契約を結びます。
利用者契約ですが、ここに手数料が発生するのです。
会社の規模や取引量によって差があるのですが、1%~5%はかかります。
規模の小さいクレジットカードの現金化業者では、95%の還元率は難しいことがわかるでしょう。
さらに、慈善事業ではないのですから、利益も上げなければいけませんし、人件費もかかります。
どうやって考えても95%という数値が実現できないかわかるでしょう。
こうした業者を利用すると、現実に支払ってもらえないといったトラブルが出てくることがあります。
そういった危険に合わないようにするためにも、こうしたサイトを利用しないようにする必要があるのです。



↑ PAGE TOP