クレジットカードをお金に換金する計画を立てましょう!

高還元率と分割払いという甘い言葉の落とし穴

お金が必要な時にクレジットカードの現金化という方法は、大変魅力的でしょう。
利用したいと思う人もかなり多いのです。
それだけ便利で魅力的な方法ですが、使い方も含め、考えておくことが大切です。
どういった仕組みで運営されているかを知り、使い方を考えていかなければいけませんうまく取引することができません。
たとえば、業者に依頼してキャッシュバック付き商品を購入の方法で現金化を考えても、どんな業者を選んだらいいかを考えておかなければいけないで しょう。
とにかく急いでいるからというのは、失敗の元です。
考えることもないというのは論外で、もしかしたら1円も手に入らないかもしれません。

まず危険な臭いがすると思わなければいけないのが、高還元率の問題です。
還元率は高いことは重要です。
魅力もありますし、返済のリスクを下げます。
それだけ多くの現金手にできるのですから、高還元率にすることが大切なのです。
こうしたことに裏があったりするのは、クレジットカードの現金化というわけではありません。
悪意がどこかに潜んでいるからこそ、落とし穴が待っているのです。

美味しい話には裏があるということで考えなければいけないのは、あまりに高い還元率に隠れています。
95%の還元率なら、ちょっとわかっている人は、実現不可能だと感じるのです。
ところが、90%になると何とかできる数値かと思ったりしてしまいます。
かなり高い還元率でよかったと思っていると、分割でお支払いしますといわれるのです。
高還元率にしてもらえるのだから、これも致し方ないと思うかもしれません。

分割払いをすることに意味はありません。
クレジットカードの現金化ということを考えれば、その分振込手数料も手間も掛けることになるでしょう。
つまりマイナスなのです。
分割する機関の分だけ金利を少しばかり得られますが、マイナスのほうがあまりに多くなってしまいます。
結果としてどうなるかといえば、初回の支払いは受けられるだけで、2回目には振込がなくなります。
こうしたことは容易に想像しなければいけないのです。

甘い話に裏があるのは、クレジットカードの現金化だけではありません。
高還元率は大事ですが、適正があるということを忘れてはいけないのです。



↑ PAGE TOP