クレジットカードをお金に換金する計画を立てましょう!

クレジットカードの現金化で分割の振込みはない!

クレジットカードの現金化は、一括振込が基本です。
利用側から考えても、予定した金額を一回で受け取るからこそ、便利なものになるわけです。
ところが、この支払いを分割払いにしてほしいと申し出てくるケースがあります。
利用者側からすれば、何ら利益のないことなのですから、即断るべきでしょう。

クレジットカードの現金化にはできるだけ高い還元率をめざし、素早く受け取ることが理想です。
これができなければ、利便性はどんどんと失われていくでしょう。
特に還元率は重要で、無視することはできません。
ところが、あまりに高い還元率は、利用者側からしても利益も発生しなくなってしまうのです。

クレジットカードの現金化の業者からすれば、高すぎる還元率は赤字になってしまう可能性がでます。
慈善事業ではない以上、利益を無視して現金化してくれる理由はないのです。

こういった点から95%の還元率は、まず達成することができない率になっています。
頑張って実現できたと仮定しても、こんな利益の少ない方法を初めての顧客に提示するでしょうか。
そんな優遇をする意味を考えてみなければいけません。
そこで出されるのが、分割払いの申し出だったりするのです。
高い還元率にする代わりに、一回払いではなく、複数回にさせてと懇願されます。
こんな優遇されているのだから仕方がないと了承すると、2回目以降は徐々に振込日が遅れだし、最終的には支払ってもらえなくなるのです。

仕組みを考えると、そもそも分割払いにするわけはどこにあるのかを考えるべきでしょう。
分割にして回数が増えるたびに、振込手数料と手間をかけなければいけません。
本来、分割払いというものは金利を稼ぐために使われます。
その金利よりも手数料が高くなれば、分割にする意味は初めからありません。

高い還元率で提供してもらえれば確かに助かります。
しかし、できないことはどうやってもできないのです。
失敗しないようにするためにも、間違った判断を下さないことが大切でしょう。



↑ PAGE TOP